02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

にゃんこの水

2008.03.19 (Wed)

とうとう私も買ってしまいました。

ペット用の水。



あんこが病気だなんて思わなかった時は
「ペット用に水を買うって贅沢だな・・・・・」
な~んて思っていたんですけどね(^^;)
いざ腎臓病だとわかった途端、やはりいつもあげている水も気になり始めまして。
とはいえ、あんこって結構好き嫌いがあって、数年前に「またたびウォーター」をあげてみたみたことがあるのですが、一度臭いを嗅いだだけで完全に無視されました。
なのでまずはお試し用を購入してみました。



ペットには人間用のミネラルウォーターをあげてはいけない

ということをご存じの方も多いと思います。
人間には必要なミネラル分もペットにとっては余計なもの。
入ってない方が良いに決まっている。
腎臓病のネコって、お水をガブガブ飲んじゃうんですよね~。


開けて早々、私はあんこの器の水を全部これに入れ替えてしまいました。
焦ったのかなぁ?
お陰で大失敗!
最初、臭いをかぎ不審に思いながらも2,3口飲んでくれましたが、それ以後全く水を飲もうとしません。
しかしいつもの水に戻すと、臭いを嗅いで確かめ、それがいつもの水道水だとわかるとゴクゴク飲みます。
あ゛~やっぱりこの水は駄目かぁ・・・・・。

慣れている水道水の方が気に入っているようです。
もう半分諦めました。
それを夫に話すと、
「餌を切りかえる時みたいに、いつもの水道水に少しずつ加えていって切り替えれば?」
と一言。
そっか、そういう手がありましたね。
焦って全部を変えてしまうからあんこも警戒して口にしようとしないのであって、徐々に慣らしていけば切り替えられるかも?

ということで、昨日からいつもの水道水に少しずつ混ぜて与えています。
それで慣れてきたらこのお水の割合を増やしていこうかと。
作戦は成功!
1/3くらいこのお水なんですけど、あんこさん、気にせずお水を飲んでます。
この分だと、もう少し粘れば切り替えられるかな?
来月早々に検査があるので、効果のほどもわかると良いなぁ・・・。

にゃんだ?


ちなみに、あんこが口にする物は自分でも確かめないと気が済まない私ですが(笑)、このお水も飲んでみました。
人間のミネラルウォーターと違って、味も素気もない水です。
決して人間が飲んで『美味しい』とは思いませんが、それがペットには良いのかな?
スポンサーサイト

テーマ : 愛猫との日々 - ジャンル : ペット

11:23  |  猫用品  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

お散歩

2008.03.16 (Sun)

お散歩
お天気の良い週末、朝イチで歯医者さんに行き、早めに帰宅したので久しぶりにあんこをベランダに出してあげました。
・・・・今の時期、あまりあんこを外に出したくないんですよね~。


理由は・・・・
夫の花粉症。
結構しんどそうで、家にいる時くらい忘れられるといいなぁとあれこれ気を使っているのですが、あんこを外に出すとあの立派な毛皮(笑)にたくさん花粉を付けて来そうで怖いんですぅ。
しっかし、この暖かさですからあんこも外に出たがりましてね~。
久しぶりに出してあげました。
もちろん、家に入る時はパンパンはたいて・・・。
早く花粉症の時期が過ぎて欲しい今日この頃。


テーマ : 愛猫との日々 - ジャンル : ペット

10:01  |  ねこ  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

赤ちゃん返り?

2008.03.11 (Tue)

赤ちゃん返り?
私がPCに向かうと、あんこがいつも傍に寄ってきて、抱っこをせがむのであぐらの上に乗せてキーを叩くのですが・・・・・・・。
最近ちょっと気になることが。



私のカーディガンが暖かいのか?(少し前の写真なのでお許しを)
はたまた、爪の引っ掛かりが心地いいのか??
抱いていると、何故か私の腹をモミモミ♪
・・・あんこさん、そんな腹を揉んでも私はミルクは出ないぞっ!


生後2か月弱で拾われたせいでしょうかね~。
こんなお爺ちゃんになってもママが恋しいのかしら?
嬉しいやら、切ないやら・・・・。


テーマ : 愛猫との日々 - ジャンル : ペット

12:00  |  ねこ  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

お薬卒業!

2008.03.03 (Mon)

土曜日、検査のためあんこを連れて病院に行きました。
ケージの上に置いてあるキャリーを下ろすと、それを見ていたあんこさん、逃亡を図りました。
やはり、キャリーを下ろす→入れられる→外に連れ出される ということを感づいたようで・・・。
冷蔵庫の上や押入れの天袋に隠れられたら困るので、部屋中の扉、襖を閉めました。
すると逃げ場のなくなったあんこさんは部屋の隅っこで縮こまっているので、鰹節で読んでみましたが完全に無視。


私だって本音を言えば無理やり連れて行くような事はしたくないのよ・・・・。
でも、検査してもらわないと肝機能の状態がわからないやん。
あんこさんに少しでも長生きしてもらいたいし。
心を鬼にして素早くあんこを捕まえ、キャリーに放り込むと急いで車で病院へ。



病院ではポメラニアンの家族3匹に吠えられましたが、あんこさんはキャリーで大人しくしてました。
順番が来て診察室に入り、キャリーから出されたあんこは先生に撫でられながら診察されました。
借りてきた猫のあんこさん・・・大人しく先生の手に収まってます。
問診の時に、歯が折れて心配していることを告げたのですが、先生はあんこの歯を見て
「どうやら歯石のようですよ。逆に取れて良かったですね~。猫の歯石は全身麻酔で取るんですけど、この子はもう高齢ですから全身麻酔は負担になるし、自然に取れたのなら良かった、良かった」と。
あはは・・・・私の勘違いだったようでホッとしました。
なんだぁ、歯石かぁ・・・(^^;)

その後、血液検査で肝機能や腎臓の状態を見ることを告げられ、注射器を取りに先生が少し席を外した瞬間、あんこさんは診察台の上から華麗なジャンプで、足元に置いてあったキャリーの中でINしたのでした(笑)。
見事な反応の素早さ!
ちっとも年を感じさせません!!(笑)
キャリーの中にはあんこの毛布を入れてあるので、そこが一番安心できると思ってくれたんでしょうね。
逃亡されるよりはず~~~っとマシ♪

注射器を持って戻ってきた先生も、キャリーの中に逃げ込んだあんこを見て、「このまま採血しましょう。その方がこの子も安心できるでしょうし。」とおっしゃってくださって、看護師?さんがあんこを押さえ、素早く採血しました。
先生も看護師さんもあんこに声を掛けてくださるのは、飼い主としては病院選びの安心材料の一つになりますね。
そういえば、前にあんこを診て頂いた動物病院では、声なんてかけてくれなかったなぁ・・・と思いました。
キャリーからは無理やり引きずり出されて予防注射されましたっけ。
あんこの恐怖に満ちた顔、今でも覚えてます。
そんなことがあって、夫も私もあんこを病院に連れていかなくなったんですよね。
あんこが健康優良児だったお陰もあって、その後病院に行かずに済んだのは幸いでした。


採血が終わり、血が止まるのを待っている間、看護師さんに「良い子だったね~、がんばったね~、よしよし♪」と撫で撫でされ、あんこさん気持ち良くなったのか?あごを突き出しました。
「そっかぁ、ここが気持ち良いのね~」とアゴの下を撫でられ、ますます気持ち良さげ。
・・・・全く、男ってヤツは美人には弱いんだから・・・・。
大体、時々やってくる友人には触らせてもくれないあんこさんなのに、看護師さんにはアゴまで突き出すってど~ゆ~こと?
美人に弱いのは、動物も同じなのか??(笑)


検査の結果、肝機能の数値は正常値に戻りました!
ってことで、お薬卒業♪
良かった、良かった(^^)
腎臓もこの前の検査と数値が変わっていないので一先ず安心。
このまま、今の餌でいきましょうとのこと。
今までなかなか餌を食べてくれなかったので、鰹節をほんの一つまみ振りかけてましたが、数値が変わってないので、それくらいの量ならあげても構わないでしょうとのことでした。
次回は一か月後の検査ということで。


グル~ミング1
良かったね~、あんこさん。
帰宅後、緊張から解放されたあんこは、お気に入りのイスの上で「もぉ、えぇんちゃう?」ってくらいにグルーミングしてました。
猫は緊張を解す為にグルーミングするってにゃんこ雑誌で読んだ記憶があるのですが、これほどまでに長い時間グルーミングするって、よっぽど緊張したんだね~。
一先ず今の生活を維持できるようなので安心しました。
良かったね、あんこ。


グル~ミング2
え?横目で睨まないでよ~。
ごめんね~、あんこ~。

テーマ : 高齢猫 - ジャンル : ペット

11:26  |  ねこ  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。