11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

ラッキー?アンラッキー??

2009.12.16 (Wed)

12月も半ば・・・今年も残すところあと2週間になり、ようやく少しずつ日常生活を元に戻してます。
何のこっちゃ?って感じですよね(^^;)
実は忘れもしない12月1日、不覚にも怪我をしてしまいまして・・・・。




私は半年に一度、筋ジスの定期検査をしてます。
今のところ、筋ジス治療薬はまだ無いのが現状なので、心臓や肺などの筋力が落ちて異常が出てないかの検査を定期的に行うしかありません。
その日も夫が半休して付き添ってくれることになり、車の置いてあるマンションの駐車場へと電動車いすで向かいました。
前月までは少し離れた民間の駐車場に停めていたのですが、入居と同時にマンションの駐車場の空き待ちに登録してたところ、運よく今月から停められることになり新しい駐車場へ。
ラッキー★これで駐車場代が半額~♪

マンションの駐車場とはいえ、同じ敷地内ではなく車道を挟んだ向かい側の駐車場。
夫は管理事務所に用があったので、車道を横切り、階段を上がって事務所へ。
私は電動車いすなので、遠回りして駐車場入り口へと二手に分かれました。
最近は一人で車いすで出歩くようになり、自分でも少し過信していたのかもしれません。
車道を横切り歩道へ上がろうとした時、ほんのわずかな段差で車いすの前輪が上がり、そのまま車いす諸とも後方へひっくり返ってしまったのです。
車道のアスファルトで後頭部強打!!
★が飛ぶというのはこのことかな?な~んて暢気に考えてましたが、我に返ると投げ出された手足が動かないのです。
全身に電気が走ったように痺れてます。
その上私が倒れてるのは車道、このままではここは見通しが悪い場所なので車に轢かれる~!!!!!
必死に動こうとするのですが体が全然動きません。
自転車で通りかかった女性が、
「大丈夫ですか!?起こしましょうか?」とおっしゃってくれたのですが、車を止めて降りてきたスーツ姿の若い男性が「頭を打ったかもしれないから動かさない方がいいと思います。救急車呼びますね!!」と携帯電話で救急車を呼んでくれました。
白昼・・・うちのマンションの傍は人通りが多い通りではありません。
偶然通りかかった方がいてくださって良かった~。
そのまま車道に寝転んでいたら・・・・・と思うとゾッとします。

しばらくすると自転車に乗ったおまわりさんがやってきました。
私を見つけ、救急車を呼んでくださったスーツの男性が事情を聞かれてます。
そして道路に寝かされたままの私も。
事件やひき逃げなどの事故ではなく、単に私が車いすでひっくり返ったことがわかるとホッとした様子でした。
救急車が来たのはそれほど時間が経っていた訳ではないと思うのですが、全身の痺れから今度は割れるような頭の痛みと右耳が聞こえない状態に変わった時は、その数分間の長いこと、長いこと・・・。
もしかしてこのまま死ぬのかな?と思いましたよ。
サイレンが近づいてきた時、どれほどホッとしたことか。
42年の人生の中で、患者として一度も救急車に乗ったことありませんでしたが、救急車はホントに命綱だと実感しました。
救急車をとんでもない使い方する人は逮捕してしまえ~!と思います。

さて、夫は?
・・・・管理事務所から駐車場へ来ていた夫は、いつまで経っても私が現れないので、私が来るはずの入り口に来てみるとおまわりさんや人が数人いたので「何かあったのかな?」と思ったそうです。
人垣で私の車いすも倒れてる私も見えなかったとか。
まさか私がひっくり返ってるとは思わず、人垣の隙間から赤い車いすがチラっと見えた時は寒気がしたそうです。
大慌てで近寄って来て、救急車が来るまでオロオロし、今にも泣きそうな夫でした。

しかもやっと来た救急車もすぐには動かないんですよ。ご存じでしたか?
訴訟などのトラブルを避けたい病院は、新しい患者を受け入れたがらないのですかね?
良く新聞やTVなどで患者受け入れ拒否十数件・・・なんていう報道を見てましたが、まさか自分の身に起こるなんて思いませんもんね~。
うちの近くには大学病院や国立病院など大きな病院がたくさんありますが、かかりつけの病院を尋ねられ、その病院へと連絡するんです。
隣市ですよ?時間かかりますよ??何故2,3分のところの大きな病院に行かないの?
目を開けているのも辛いほど頭が割れそうに痛いんです(実際割れていた訳ですが・・・)。
ですが、私は普段病院に行かないのでかかりつけと言われても筋ジスの病院しか無いんですよね~。
筋ジスの病院には脳外科はありません。
近くの大学病院や国立病院には脳外科はもちろんあります。
筋ジスの病院に脳外科は無いと分かりつつ連絡する救急隊の人はどんな気持ちなんでしょうね。
有難いことに、筋ジスの病院側が受け入れをOKしてくれて、そこから脳外科の病院へ転送してくれたので助かりましたが、かかりつけの病院が無いと救急車の中で危篤に陥る可能性もあるのでしょうか?
かかりつけ医って大事です~!


長くなりそうなので、続きはこの次ってことで(笑)。
良かったら又おつきあいください。


スポンサーサイト



テーマ : 日々のできごと - ジャンル : ライフ

11:20  |  つぶやき  |  Comment(4)
 | HOME |