07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

お休みします

2010.08.26 (Thu)

あんこさん頑張ってます!
ご飯食べないので、ガリガリに痩せこけてますが目の光はしっかりしているし、
寝そべっていなければ病気じゃないみたい。

細胞診断の結果は…あれだけ(腹水に含まれていた微量の細胞)では、
はっきりとした診断は出来ないとか。
だろうな…と思いました。
姉が乳がんの手術をした時、切り取った腫瘍を見せられながら、
病理の先生が詳しく調べて下さるとの説明を受けましたから。
腫瘍という現物がなければ診断出来ないんじゃないかと思っていたンですよね。
腹水に癌細胞が含まれていたのは事実のようなので、後はどうするか?……

先生にも色々説明して頂きました。
先生の経験上、腹水が溜まるペースがとても早く、腹水が溜まる腫瘍の場合、
腹水に染み出たがん細胞はあちこちに飛び火(転移)していて、
開腹しても手の施しようがなく、そのまま閉じることが多いとか。
それにあんこは腎臓病が悪いし、肝臓も少し悪いので、検査の時に使う造影剤が
腎不全を起こすそうです。
検査も出来ず・・・手っ取り早く手術(開腹)したとしても手術も危険・・・。
夫とも話し合いました。
それで私たちが選んだのは、自宅での看とりです。
知らない病院や知らない先生(人)に対して恐怖や不安、警戒心を抱く
あんこを連れ回すことへの懸念がありました。
弱ってるあんこにこれ以上ストレス与えたくない…二人の一致した思いです。

痛みや苦しみは最大限取り除いてあげて、慣れ親しんだ自宅で看病する事にしました。
先生も協力して下さる事を申し出て下さって、薬入りの点滴を持って
今日から往診してもらえる事になりました。
緊急時にはいつでも連絡する(携帯に)ようにおっしゃって下さったし。

あんこの生命力に賭けて、もっと積極的治療しろ!とお叱りを受けそうですが、
私たちが選んだ道です。
私たちの手の届かない手術室で、麻酔で逝ってしまうよりも、
住み慣れた家で私たちの腕の中で安心させてあげたい…そう思ってます。
正直言って、日に日に弱っていくあんこを看ているのは辛いです。
こうしてパソコンに向かっていても、涙で打ってる文字が滲んで見えてて。
それでも、あんことって一番良いと思える選択をしたつもりです。
携帯電話の待ちうけが↓この写真でね。
3年前のあんこさんです。
anko541.jpg
お気に入りの一枚です♪




スポンサーサイト

テーマ : 愛猫との日々 - ジャンル : ペット

11:04  |  ねこ  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

お腹タプタプ。。。

2010.08.17 (Tue)

毎日暑い日が続きますね。
・・・うん・・・何から書いて良いのか、まだ混乱してるのですが・・・





この猛暑続きであんこの調子も良くなくて、病院通いしておりました。
最初は便秘続きで浣腸通院、いつものヘルニア注射通院。
そしてお盆の真っただ中、私たち夫婦は夫の実家通いで忙しくしてました。
が、あんこがご飯を全く食べなくなり、夏バテかな?と再び病院へ。

血液検査では腎臓も肝臓も数値に異常はないとのことで、
夏バテかもしれないと栄養剤の点滴を受けて帰宅しました。
日曜日だったせいもあって先生一人での診察で、詳しい検査が出来ない
(あんこを抑える看護師さんがお休みだった)ので、翌日もう一度連れて来る
ように言われました。
帰宅してもグッタリしてるあんこ・・・食欲は全く無し。
腎臓病なのにお水すら飲まず・・・。
歩くのにもフラフラしてるんです。

で、昨日もう一度行ってきたのですが・・・・。
レントゲンとエコー検査で腹水が溜まってることが分かりました。
元々太めでお腹がタプタプしてたので私も気がつかなくて・・。
あんこに腹水が溜まる原因として考えられるのは、
一つはガン。
二つ目は心臓に異常。
三つ目は老衰。
とのことでしたが、あんこの脾臓に腫瘍らしきものが見えるらしく、
腹水を少し取って検査したところ、どうやらガン細胞が混じってるとか。
詳しい細胞診断してもらうため、その専門の病理医のところに腹水を
送るそうです。
結果が出るには3,4日かかるそうなので、それまでは生きた心地しません。
良性だったらいいのにね・・・・。

病院からの帰り道、かごに入ってるあんこを抱きしめていたら夫に言われました。
『覚悟しときや』って。
覚悟してて良い結果だったら安心だけど、悪性だったらこれからどんな事が
待ちうけていることか・・・。
もう80歳になるおじいちゃんなんだもん、いつか別れる時が来るとは
思ってたけど、痛い思いだけはして欲しくないですよね。
細胞診でハッキリしたら次はCT検査なのですが、
先生にもあんこはかなり高齢なので、全身麻酔でしかも一時的に心臓も止めるとなると
何があってもおかしくないと言われました。
もう少し若かったらどんなことしても治療してあげたいんだけど、
治療のリスクと余命を考えると・・・・・・。
心の振り子はあっち行ったり、こっち行ったり。
どうしたもんかね・・・。



お腹ツルツル
エコー検査でお腹の毛を剃られちゃったのぉ。
ちゅるちゅる~♪




テーマ : 愛猫との日々 - ジャンル : ペット

10:48  |  ねこ  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。