09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

夜間救急病院へ <追記>あり

2011.10.03 (Mon)

昨夜、我が家は大騒ぎでした。



遡ることPM 8:00。
義母がショートステイで施設の方へ行っているので、久しぶりに夫が在宅。
夫が新聞を読む傍らでニャンズとおもちゃで遊んでいました。
昼間はお昼寝ばかりで大人しいのですが、おもちゃを見た途端大喜び!
ホビットが大好きなふわふわの猫じゃらしです。
昨夜は珍しいことにオシアンも参加して取り合いになるくらい大人気でした。

自分のおもちゃをオシアンに取られてムッとしたのか?
遊んでいる途中で、ホビットはおもちゃを咥え、部屋を出て行ってしまいました。
残念そうなオシアン。
ちょっと可愛そうになりました。
まだまだオシアンは遊び足りないようだったので、今度はオシアンのおもちゃを出して遊んでやりました。
大喜びのオシアンです。

ところが・・・・



しばらくしてホビットは戻ってきたのですが、放置してあるはずのおもちゃを見てみると
紐が付いた棒の部分と、丸められた化繊綿が転がってます。
あれ?あのふわふわは??
夫と共に探してみましたが見当たりません。
げ~・・・もしかして食べちゃった!?



時計を見るとPM8:38。
かかりつけの病院は診療時間が終わってる。
それならば・・と、近所の動物病院に走りましたが、やはり診療時間終了。
ダメ元でかかりつけの病院へ電話してみると・・・
こんな時に限って休診日。
留守番電話になってたので、内容を入れてみると奥さん先生から折り返し電話がありました。
主治医の先生は今日はお出かけしてて、帰宅時間も分からないので、夜間救急病院を紹介されました。
おもちゃの大きさにもよるけれど、時間が経って胃から腸に移動すると手術しかないそうで。
腸に詰まってしまうと大ごとです。
まだそんなに時間が経ってないので、救急病院で診てもらった方がいいとのこと。
震える指で救急病院へ電話しました。
何をどう話したのか覚えてません。
とにかく症状を聞いてもらって、夫がホビットをキャリーバッグに放りこみ大急ぎで行きました。
私も行きたかったのですが、何せ初めての病院。
バリアフリーとは限りません。
不安そうなオシアン一匹を置いていくのも・・・・。
全てを夫に託して、私は祈るだけ。



最初にレントゲンを撮り、胃に何か写ってたそうで、催吐処置(薬を飲ませて吐かせる)したそうです。
ですが、全く吐かず・・・。
次に胃洗浄と胃カメラ。
これでほぼ100%異物は出てくるそうで、ホビットも胃の中が空っぽになるまで洗浄され、
おもちゃが出てきたそうです。
でもこれ、↑最初に心配したふわふわではないんです~。



出てきたのはこれ↓や糸くずらしきもの。

いつの間にこんなものを食べたのか???
これ、表面は獣の毛皮を貼り付けてあるのですが、中身はプラスチック。
心配したふわふわはウンチと一緒に出てくる可能性もありますが、プラスチックは・・・・・・。
ヤバいところでした。
まさに危機一髪。
ふわふわおもちゃを食べたことを疑わなかったら、プラスチックのおもちゃを発見することも無かったでしょう。
不幸中の幸い。


胃カメラや洗浄は麻酔をかけたので、麻酔が覚めてから帰宅しましたが、
すでに時計は今日。
AM4:00でした。
疲れちゃったのね・・・今はこの状態で寝ています。
でもご飯はモリモリ食べましたよ。
さすが食いしん坊(笑)!
ホビット




今朝、夫が朝食を食べながら話してくれましたが、病院で風船を飲み込んでしまったわんちゃんと一緒になったそうです。
ペットの中には何でも食べてしまう子もいるので気を付けてくださいね、と処置してくださった先生に注意されたそうです。
・・・うん・・・こういう不注意は飼い主の責任ですよね。
ホビットは施設からやってきた時、ゴミ箱をひっくり返して何でも口に入れそうになったことを忘れてました。
オシアンはとても慎重な子で、何でも食べるということはないのですが、ホビットは・・・・・
私たち飼い主が気を引き締めて注意しなければ!


救急病院の請求書・・・¥93550なり。
命には代えられないですが、痛い出費でした。
私たち飼い主へのペナルティです。
これから気をつけなくては。

救急病院の先生からかかりつけの先生への報告と投薬のお願いがあるそうで、
今日も夕方からホビットは通院です。
・・・あんな怖い思いしたキャリーバッグに入るかなぁ・・・・
ちょっと不安。




<追記>

ホビットがお世話になった夜間救急病院を紹介しておこうと思います。
この病院にお世話にならない方が絶対良いと思うのですが、
我が家のようにたまたまかかりつけの病院が休診日だったりしたら
飼い主の方も心細いと思うので。

北摂夜間救急病院


そんなに大きな病院ではありませんでした。
小さなビルでした。
夫が言うには、1Fのワンフロアだけで救急の診察と治療を行っているそうです。
駐車場は2台分のみ。
そのスペースも決して大きくはないです。
近くに駐車場はありませんでしたが、周りは繊維団地といって問屋?オフィス街?で会社が多いです。
診察時間が夜間~早朝なので路上駐車するしかないみたい。

かかりつけの病院でも言われましたが、来院する時、必ず電話した方が良いようです。
病院までのおおよその時間も尋ねられました。
当たり前ですが救急患者が多いので、その間に準備するのかもしれませんね。
我が家も、出来れば二度とお世話にならないように気を付けます。











スポンサーサイト



テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

10:00  |  ねこ  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
 | HOME |