09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

災難続き・・・

2011.10.04 (Tue)

カレンダーが10月になった途端、急に寒くなりましたね。
たった一日で夏からいっきに秋が深まったような。
ニャンズの為にめっちゃ早いのですがコタツを出しました。
とはいえ、ただテーブルにコタツ布団を掛けてあるだけの話なのですが。
コタツ
※左:オシアン  右:ホビット
今年は珍しくホビットも入ってます。
去年、我が家に来た時は怖いのか?全く入ろうとしなかったんですけどね~。
こうして2匹一緒に入れるようになると、寒い冬場、私たちが留守をしててもこうしていてくれると一安心です。
なにせこの2匹は風邪ひきやすいですからね~。



cat109.jpg
フラッシュたきすぎ!眩しいニャっ!!(怒)
※左:オシアン  右:ホビット
おーちゃん・・・その顔怖いっす・・・・。






寒くなった先週末、まだ半そでの服しかタンスに入ってなかったので、納戸部屋で大急ぎで長袖を引っ張り出しました。
・・・実はそこでまた一騒動ありまして・・・(^^;)
私がオシアンに怪我させてしまったんです。
そばを2匹がウロウロしてたのは分かってたのですが、オシアンがクローゼットの中に入ったのを見てなくて、2匹を確認しないまま扉を閉めようとしました。
ちょうどオシアンも中をチェックして外に出ようとしたらしく、タイミングばっちり☆
扉に足を挟んでしまったのです。
慌ててすぐに開けましたが、挟まれたオシアンは半パニックで足をばたつかせ、ふんぎゃ~!!!!!という叫び声と共に部屋を飛び出して行きました。

オシアンの声に驚いたのは夫です。
「なんや、なんや、どうした??」
と飛んできましたが、オシアンはその夫の脇を素早くすり抜け奥の部屋へ。
走る姿はびっこ引いてます。
私はオロオロするばっかりで、夫がオシアンに声をかけつつ近寄りました。
「足が折れてるかもしれんから、病院でレントゲン撮ってもらってくる」
そう言い残し、オシアンをキャーバッグに押し込むと病院へ飛んで行きました。

オシアンの叫び声にホビットも驚いたんでしょう。
警戒して私の傍に寄ってきません。
もう私は自分が情けなくて、泣くしかありませんでした。
何でぼーっとしてのか・・・・。
何故2匹をちゃんと確認してから扉を閉めなかったのか・・・。
オシアンに痛い思いさせてしまって申し訳なくて。

土曜日だったので病院も混んでたらしく、帰って来るのも遅くてね~。
私は悪い想像ばかりしてました。
きっと足を骨折してて、処置に時間がかかってるんだろうと。
そしたら・・・
帰って来た夫は笑顔だし、オシアンもバッグから出されると私にすり寄って来ました。
怪我をさせてしまった私にスリスリして甘えてくるオシアンが可愛くて、可愛くて・・・。
それを見たホビットもやっと私に近寄ってきました。

幸い骨折はなく、足をすりむいた程度の傷でした。
ですが、念のためということで化膿どめのお薬を飲んでます。
塗り薬は舐めてしまうからということで。
もうホント、気を付けなきゃ・・・。

今はもう元気いっぱい、ホビットと走り回って遊んでいます。
昨夜は夫がまたたび入りのボールを買ってきて、2匹は大興奮でチョイチョイしながら走り回ってました。
2匹とももう元気ですのでご心配なく。
このところ災難続きの猫たちですが、いつもと変わりなく甘えてくるのが嬉しくて泣きそうになります。

ありがとね。
こんなバカ親でごめんね。











スポンサーサイト



テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

11:53  |  ねこ  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME |