12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

邪魔猫

2009.01.19 (Mon)

相変わらず、私が生地を広げるとここぞとばかりに邪魔しにやってきます。
邪魔しに来ました
あの~そこで寛いでもらうとシワが伸ばせないんですけどぉ。





生地の上でウトウト・・・
気持ち良さげにウトウト...zzz......



カメラの位置、角度を変えたらこんな写真が撮れました!
おぉ!
お日さまがあんこに降り注いでます。
「光」が写り込むとこんなに神秘的な写真が撮れるんですね~。
どこかの絵のようにあんこも天使に見える?(笑)


テーマ : 愛猫との日々 - ジャンル : ペット

11:19  |  ねこ  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

コメント

神々しい!

まぶしい後光に、思わず「あ、あんこ大明神~」
と拝んでしまいました(笑)

にゃんこってさ、
邪魔して欲しくない時にかまわれたがって
かまいたい時に逃げるんだろうね。
天邪鬼なんだから!でもそこにラブ!!
なおぷ♪ |  2009.01.19(月) 12:02 | URL |  【編集】

お日様に当たって、暖かそうね...
ニャンコって、何かの上に必ずのりますね。
帽子の上で、丸まった事もあって何でもいいのかと、
思った事ありましたね。(*^o^*)
写真って光の入り方一つで、綺麗に撮れますよね。v-218
もくれん☆彡 |  2009.01.19(月) 15:42 | URL |  【編集】

どうしても何かの上に乗りたいんですよね。
1ミリでも高いところがいいのかな(笑)

ところでその生地でなにができるのかしら?
あんこ天使さま~邪魔しないでね!
楓 |  2009.01.19(月) 21:00 | URL |  【編集】

★なおぷ♪さんへ★

あんこ大明神~には大笑いしちゃいました。

猫ってその気ままなところが良いんだけど、ホントに天の邪鬼だよね~。
今朝も私があんこを邪魔したようで、手の甲に爪を立てられました(^^;)
で、放っておくとすり寄ってくる・・・・・天の邪鬼~!!
orashion |  2009.01.20(火) 09:39 | URL |  【編集】

★もくれん☆彡 さんへ★

日当たりの良い場所で私が生地を広げたのが間違いだったかもしれませんね~。
ホント、にゃんこって何かの上に乗っかりますね。
熱々の鍋をどけた鍋敷きの上に座ってたことも・・・・・・寒いのか?

写真って面白いですね~。
狙った訳ではなかったのですが、偶然奇跡的な写真が撮れました。狙うと全然良い写真撮れないのに~。
orashion |  2009.01.20(火) 09:45 | URL |  【編集】

★楓さんへ★

そうそう、どうしても何かの上に乗っかりたいようですね。
優位に立ちたいんでしょうかね?(笑)

これは以前購入したリネンで、棚の目隠しカーテン作ろうと思ってカットしました。
余った小さなところは、刺繍してパッチワークと合体させてみようかと。
麻と綿の生地の厚さが違うのでどうなることやら?(^^;)
orashion |  2009.01.20(火) 09:50 | URL |  【編集】

ホントにお邪魔してますね~>あんこさん
新聞なども読もうと思って広げると即乗ってきたりするし、
「どうぞこちらにお座り下さい」とでも勝手に決めつける
勘違いネコ達の習性なのかしらん?
リネンで素敵なカーテン出来そうですね、楽しみにしております♪
おはる |  2009.01.21(水) 15:48 | URL |  【編集】

★おはるさんへ★

こちらにもコメントありがとうございます。

ホント、あんこはいっつも邪魔してくれてます。
私の邪魔をするのが生きがいなんでしょうか?(笑)
自分だけに注目して欲しいアピールかな?
邪魔だ、邪魔だと言いながらもそれが嬉しくもありますけどね。
おはるさんもでしょ?(^^)

生地をカットしただけで、今のところ手を付けてませ~ん(^^;)
バラの植え替えが忙しくて・・・・。
一段落したらがんばりますね~♪
orashion |  2009.01.22(木) 14:19 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://punnosuke.blog99.fc2.com/tb.php/145-725e0882

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |