08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

お薬の飲ませ方

2010.01.15 (Fri)

爺ちゃん猫、元気です♪(去年の11月27日の日記)にも書きましたが、お薬を飲んでいるにも関わらずあんこさんの便秘復活しましてね~。また浣腸通院かな~と心配してたのですが、今のところ作戦がうまくいってるようで、お薬入りスープだけはいつも美味しそうに飲んでくれてます。
私が朝9~11時の間に外出しなければあんこもトイレタイム(うん○の)に踏ん張ってくれてます。
この時間がうん○が出る時間のようです。
この時間に外出してしまうとこたつに隠れてしまい出てこないんですぅ。
いつものことなのですが、私たちが外出準備を始めるとこたつに入ってしまうんですよね~。
あんこには安全な隠れ場所のようです。
で、問題は錠剤の方でして・・・・。
ホントに小さい粒なのによっぽど嫌なのか吐いてしまうんですよね~。

液体のお薬はスープで誤魔化しきれているのだから、なんとか錠剤のお薬も喜んで飲んでくれないものかと考えました。
お薬を吐かずにいてくれれば、処方どおりの量を守れる訳ですからスムーズに便が出てくれないかと。
↓ネットでこんなものを見つけました。
【犬・猫用投薬補助】フレーバードゥ




お薬を包めそうな量をスプーンですくい取ります。
お薬


ペースト状になってるので、広げてお薬を置きます。
匂いを嗅ぎつけた黒い影がすでに下でスタンばってます(笑)
お薬


うにゅ~っとお薬をペーストで包みます。
お薬


丸めて完成~♪
あとはあんこの口の中に放りこむだけ。
お薬


↓こういうスタイルでお薬を飲ませるのはあんこには不可能です。
薬の飲ませ方
頭をつかんで固定した時点で後ろ脚、前足ふるに使って大暴れ!
筋力の弱い私ではあっという間に脱走されてしまいます。
夫と二人がかりなら大丈夫なんでしょうけど、お薬を飲ませるタイミング(時間)に夫がいるとは限らないわけで・・・・・・。
なので、私流の飲ませ方をしてます。良いのか悪いのかわかりませんが(^^;)



座ったわたしの太ももにあんこを乗せます。
赤ちゃんのようにお腹を上にして抱っこする訳。
そして頭の後ろ側というか首の皮?を引っ掴んで・・・・・・。
こんな感じに向かい合わせになります。
すでにあんこの手が嫌がってますね~(笑)。突っ張らかってます。
あ・・・カメラの補助ライトであんこの目が変になってますが気にしないでください(笑)。
お薬嫌いにゃ~!!!
あとは右手にお薬をつまんで持ち、薬指で口をつんつんすると口を開くので、その瞬間にのどの奥にお薬を放りこみます。この放りこむ作業は短時間で済ませます。モタモタしてるとあんこが暴れるし、指に噛みつかれるので。
※一人でお薬を飲ませながらの撮影でしたので、この瞬間は両手を使ってるので撮影出来ませんでした。いずれまた夫がいる時にでも撮影してもらいます(^^;)



他にもミルク系の補助剤がありましたが、あんこは乳製品が嫌いでして・・。
お腹の調子を少しでも整えてあげようとヨーグルト系の乳酸菌をあげたところ無視でした。
せっかく買ったのに一袋開けただけ・・・・・。
そんなこともあるので、ミルク系の補助剤は飲まないだろうな~と思い、これにしました。
いわしペーストやカツオブシ粉が入ってるらしく、ふたを開けると興味津津で寄ってくるのでお薬をあげやすくなりました。
今までだったら、お薬を袋から出す音だけでぴゅ~っと逃げてましたからね。


最近はマンネリ化したので気付かれたのか?
時々こうして抵抗されるようになりました。
私が夫のお弁当を作っている間はお薬を飲まされないことを知ってるのでファンヒーターの前でゴロゴロしながら寝転んでいるのですが、私の弁当作りが終わったと分かるや否や座卓のしたへ移動、移動。
anko521.jpg
よっこいしょっと・・・




anko522.jpg
これで安心にゃ


ここに逃げ込むと私が無理やり引っ張り出さないことを覚えたようで・・・。
あんこがここに逃げ込むと私も諦めて朝食を食べ始めます。
しか~し・・・あんこは私が食事を始めると自分も♪ってそばにやってくるんですよ(笑)
いつも一緒に食べているのでご飯の時間って分かるんですかね。
それでいつも捕獲されているというのに(笑)。


今のところはこういう攻防戦もありながらも毎日お薬を吐かずに飲んでくれてますし、うん○もちゃんと出てます。
以前ほどやわやわではないんですけど、踏ん張ればすんなり出ているようなので、OKですかね。
嫌がる子に病気を治すためとはいえ無理やりお薬を飲ませるのって辛いですよね~。
12月に怪我をして行きそこなった定期検査の為、先日筋ジスの病院に行ってきたのですが、筋肉の破壊が急激に起こってないかという確認のために毎回血液検査があります。
それは小さいお子さんも同じことで、検査にはどうしても必要なんですよね~。
一緒になったお子さんが嫌がる、嫌がる。
お母さんとお祖母ちゃんに泣いてすがり付き、見るからにベテランの看護師さんが3人がかりで説得を試みるも失敗。
私には新人さん?のような看護師さんが付いてくださり、見事に何度も採血に失敗されました(苦笑)。
こんなに嫌がるのを見てると、親でなくても辛いし可愛そうになりますね・・・。




テーマ : 愛猫との日々 - ジャンル : ペット

11:43  |  ねこ  |  Trackback(0)  |  Comment(10)

コメント

匂いを嗅ぎつけた黒い影が可愛すぎます。笑。
よっぽど猫が好む匂いなんですね。
そして抱っこされている写真が・・・カメラのライトのおかげでとっても虚ろな目に見えちゃいます~~。笑。
いやいや笑っちゃいけないけど、あんこさんゴメンなさい、ライトで愉快なことになっていますです^^;

こういう興味津々で寄ってくるようなペーストを使っても、やっぱり飲ませられるという行為に段々遠ざかっていっちゃいますよね。
喜んで自分から食べちゃうくらいの味のお薬が開発されたら良いのに。
そうしたら薬をあげる側も飲む側もストレスが減りますよね。
人間の子供用には甘いお薬に出来るのだから、猫用も作ろうと思えば作れるような気がしないでもないんですが…。
その点ワンコは楽な子が多いんですよね。
錠剤でも、ドライフードに混ぜておくだけでOKだったり。
カリカリの中に明らかに不振な白い物体・・・だけど食べちゃうワンコ達。笑。
うちの犬もそうでした^^;
aki |  2010.01.15(金) 19:42 | URL |  【編集】

おはようございます。

ご無沙汰しております。
雪に埋もれてます(笑)。
今週は通勤で疲れました。

お薬を飲ませるのって大変ですよね。
小学生の頃のことです。
今みたいに獣医さんもさほど無い地方都市。
猫(犬も?)が吐き下した時、正露丸なんか
を小さくしてのませていたこともありました。
その後「ガンツ」だったな。いわゆる売薬
みたいなのが出て、それを猫に寝ませました。
ほんとに家族総出で(笑)

いやーーーー、のんだなーーー
と思ってほーっと手を緩めると、奥歯の
奥の奥に入れていた丸薬をぺっっっ
と吐き出して~~~~、
おーのーれー・・・・・と
人間と猫のあくなき戦い・・・となっていた
のでした。

オラちゃんのように優しくなかった私たちを
ゆるちて~(笑)

人間じゃないけど、今の動物たちはきちんとしたお薬や
それを補助するものがあって幸せだよね。

病院で一緒になったお子さんも大変な検査だろうけど、頑張ってね・・・と
思います。

そちらも寒い模様、oraちゃんもお大事になさってね。

こころ |  2010.01.16(土) 08:20 | URL |  【編集】

あんこ様~お薬を飲んでちょうだいね。
ノバたんです。

外は大雪。毎日の雪かきで筋肉痛。
とくに腰が痛い~です。
先日、今年初の転びました。
雪道を歩くのは大変です。
ノバたん |  2010.01.18(月) 01:33 | URL |  【編集】

教えてくださったものですよね。
丁寧な解説ありがとうございます!
あんこ君もフードには神経質なにゃんこみたいですから、お薬を誤魔化せませんね
私も娘と二人ならなんとかなりますが
一人ではどうにもなりません。
ぐずぐずして失敗するともう二度と口をあけてくれないし・・・それこと食べたものを吐いちゃうし (>_<)
いざという時に使ってみます。

娘が2歳の頃・・・喘息で気管支拡張剤をのませるのが大変だったのを思い出しました。
ものすご~く苦いお薬で(子供のなのに!)
子供ながら頑張って飲み込もうとしているのに「オエッ」となってだしてしまい
親子で泣いて泣いて・・・
娘は大人になった今でもお薬は苦手ですね(笑)
楓 |  2010.01.18(月) 21:52 | URL |  【編集】

★akiさんへ★

カメレスでごめんなさい(^^;)

匂いは最初のうちだけで、日数が経つと消えてしまうみたいですぅ。
最近は蓋を開けても気づかないんですよ~。
自分でカツオブシを練り込んでも良いのかもしれませんね。

あんこってば、抱っこされて目を合わすとこういう虚ろな目になっちゃうんです。
多分、敵意がないふりをしてるんだと思うんですけど、この「ふり」が効かないと分かると敵意むき出しで噛みつくこともあるんですわ。
騙されちゃダメです!

動物のお薬って動物専用っていうのが少ないですもんね。大抵人間用のを量を減らして使ってる感じですし。
犬より猫の方が味覚に敏感って聞きますし、群れのボス(飼い主)が出す物を信頼しきって食べる犬と、単独行動が主で警戒心の強い猫との違いなんでしょうかね?akiさんちのわんこ達のようにあんこも無警戒でお薬飲んでくれると助かるんですけど。
動物に好かれる味のお薬が早く開発されると良いですね!!

oracion |  2010.01.20(水) 12:20 | URL |  【編集】

★こころちゃんへ★

カメレスでごめんね~。
今日は大寒だというのに暖かいようですが、そちらはいかがでしょう?雪通勤お疲れ様でした。

あはは・・・あんこも錠剤飲んだな~って思って下ろしたら、ペっと薬を吐きだすこと度々ありますぅ!実は今朝も・・・(^^;)
喉がゴックンするのを確認してから下ろすんだけど、時々騙されるのよね~。
無理やり飲まされてるんだから警戒しても仕方ないけどね。

今朝、動物の高度医療をワイドショーでやってました。
医療機器も人間の使ってる物だし、お薬もそうみたい。最近は人間と同じ病気をするペットが多いので人間のお薬を使いやすいのかもね。
相互にお薬を使えるのは有難いけど、できれば動物専用の飲みやすいお薬の開発を望みますぅ。
oracion |  2010.01.20(水) 12:30 | URL |  【編集】

★ノバたんへ★

カメレスでごめんなさい(^^;)

雪かきお疲れ様!
怪我は無かった?
雪は本当に大変だね・・・。
どうぞ怪我だけはしないでね!!
oracion |  2010.01.20(水) 12:39 | URL |  【編集】

★楓さんへ★

カメレスでごめんなさい(^^;)

そうです。紹介した補助剤ですぅ。
ななくんはその後いかがですか?
男の子は尿道が長い分、泌尿器系の病気になりやすいのかもしれませんね・・・。
あんこも油断すると膀胱炎になっちゃうので、室温や水分補給には気を使ってしまいます。
あんこもついこの前までお薬飲んでゲロゲロ吐いてましたから、楓さんのお気持ちお察し致します。
嫌がるのを無理やり飲ませないといけない役目・・辛いですね。
子供のころに苦手だったものって、大人になっても苦手ですよね。
娘さんが元気に育ってくれたのは苦労した甲斐がありましたかね?
ななくん、お大事にね!
oracion |  2010.01.20(水) 12:48 | URL |  【編集】

愛だなあ

ペースト状だと、あんこちゃんも抵抗が少なくて済むのね~。
あの手この手で本当にお疲れ様です。

うちで飼っていた犬は、少しオバカちゃんだったので(そこも可愛かったけど)
ご飯に混ぜれば問題なく食べていました。
空腹にさせておくのも作戦でした。

あんこちゃんは賢いんだな。うん。
オラちゃんの習慣をよく見て安全地帯を見つけてるんだね~。
なおぷ♪ |  2010.01.23(土) 23:25 | URL |  【編集】

★なおぷ♪さんへ★

錠剤だとお薬の匂いがするんだろうね。
元々人間用のお薬だから。
あんこには異物と思われてるのかな?
ペーストだと味も匂いも誤魔化されてるからゴックンしてくれますね~。
今のところは。←ここがミソかも(笑)

あんこも空腹の時に飲ませてるよ~。
特にスープに混ぜた液体のお薬は。
お腹いっぱいだと飲まないのよね。
ご飯と一緒に食べてくれるのは楽でいいね~。
あんこは元々神経質だからこうなるのも仕方ないのかもね。

いつもありがとね。


oracion |  2010.01.25(月) 11:26 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://punnosuke.blog99.fc2.com/tb.php/199-31760c83

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。