12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

霊園選び

2010.10.07 (Thu)

とりあえず私は元気です。 なんのこっちゃ?
あんこがいなくなり、我が家が何だか広く感じてますが・・・。
そんなに広い家でもないのだから、その方が良いんだろうか?(笑)


早いもので、先日、35日忌(いつなのか)法要でお寺に行ってきました。
何組かのご家族と合同で遺骨と遺影を前にお経をあげていただくのですが、
初七日の時よりは号泣しなかったかなぁ。
それだけ時間が癒してくれたのでしょうか?
でも、ふとした瞬間、あんこを思いだして涙は出てくるんですけどね・・・。
次の49日忌で忌明けとなり、そちらの霊園で埋葬して頂くことにしました。
我が家からはちと遠いのですが(高速使って30分)、見晴らしのいい、古い静かな霊園です。


火葬して頂いた霊園とは違うんですよ(^^;)
あんこが亡くなった時は、猛暑真っただ中で、遺体が傷むのではないかと焦り、
何の下調べもなく、近くの霊園で火葬してもらい、お骨あげしたのですが、
初七日の供養をやってあげたくて調べた結果、お寺が隣接している霊園が隣県にあり、
そちらで供養していただいたご縁もあり、埋葬もお願いしようということになりました。
お坊さんが毎朝、動物たちの魂を弔う読経をあげてくださるそうです。
あんこが元気だった時から「もしも」の時に備えて動物霊園のことは調べていたんですけどね~。
それほど急に必要になるとは思ってなかったので、以前詐欺事件も起きたことだし、
巻き込まれないようにと火葬のことばかり気にしてましたっけ。
自宅まで来てくれる移動火葬車は便利なのですが、駐車場のない一戸建てとか、
我が家のようなマンションの場合などはご近所さんへの迷惑も考慮しないといけないし・・・
ということで、ペットの遺体を持ち込み可で尚且つ立会い、お骨あげ可という
ところだけを重視して探しましたね。
だって火葬されて戻ってきた遺骨がわが子じゃなかったら・・・と考えたら怖いですもん。
で、いざという時になってみると、火葬のことはもちろん大事ですけど、
残された家族にとっては供養のことの方に比重が重くなってくるということを身をもって知りました。
火葬して頂いた霊園は、お別れの儀式もきちんとしてくださってほんとに、ほんとに感謝しています。
しかし残念ながら、供養は一カ月に一度僧侶がいらっしゃる時に合同で行うことになっています。
初七日も35日忌(いつなのか)も四十九日も無し。
みんな一緒。

・・・供養って、亡くなった愛する人やペットの為でもあるけど、実際は
残された家族が心の区切りをつけるためのものでもあるのではないかと思います。
私自身、お寺でお経を聞きながら遺骨と遺影に手を合わせていると不思議と
心が落ち着いていくのが分かりましたから。
なので、今度は供養重視で埋葬する霊園を選びました。
あんこが安らかに眠れますように。。。




実は、あんこがいなくなってからというもの、しばらくはうつ状態が続きました。
寂しくてたまらないのはもちろんですが、私たちの選択は間違ってたのではないか?とか、
もっと早く気付いてあげていれば助かったのではないか?とか、
毎月のように通院してたのに何故分からなかったのか・・・
自分を責めたり、あんこの先生に怒りを感じたり。
眠れないし、食欲はないし、何のやる気も出なくて・・・。
これがペットロス症候群ってやつですかね?

それでも義母の介護から逃げ出すことは出来ず、
たった一週間で現実に引き戻されましたけどね。
・・・愛猫の死を悲しんであげられる暇もないのか・・・って感じ。
回らない頭、動かない体にムチ打ちつつ介護の日々復活しました。



そんなこんなでいろいろあり過ぎて、精神的に耐えられなくて、
動物保護団体から里子をもらうことを考え始めました。
・・・夫の強い薦めです。
義母の介護に女手は必要ですもんね・・・。
私が使い物にならないとどうにもならないようで、まずは私が元気になるのが先決。
それには新しい子を迎えようと、夫は度々あちこちのペットショップを覗いてたとか。
でも、ウィンドー越しに並んでる子たちを見てもピンとこなかったそうです。
あんこが捨て猫?(迷子猫?)だったせいかな??
煌びやかな純血種よりも、野性味あふれる雑種の方が私たちには合ってる?(笑)
里親面接受ける予定です。
マンションだから条件厳しいかなぁ・・・・・。
縁があるといいね。












テーマ : 愛猫との日々 - ジャンル : ペット

11:56  |  ねこ  |  Trackback(0)  |  Comment(9)

コメント

ご縁

こんな時に気の効いたこともできず、
思い出させるのもどうなんだろうかと、悶々していました。
少しずつ、ゆっくり涙が渇くのを待っています。
くれぐれも無理はしないで下さいね。

里子ちゃんも、実は探したりしていました。
前にお話した愛猫を亡くしたばかりの友人が、
半月前に里子ちゃんを迎え、新しい生活をスタートしました。
二人で位牌に挨拶したそうです。うまく言えないけど、
先代猫ちゃんが引き合わせた、ご縁のように思えます。

旦那さまはもちろん、私たちにとって一番嬉しいのはオラちゃんの笑顔。
気長に待ってますね。ゆっくり、ゆっくりだよ。
なおぷ♪ |  2010.10.07(木) 18:14 | URL |  【編集】

<なおぷ♪ちゃんへ>

いつも気遣ってくれてありがとう。
お友達のお宅にも里子ちゃんと縁があったんだね~。
里子が決まるも決まらないも縁でしょうから、縁があって良かったね♪
お友達の気持ちは良く分かります。
亡くなった子を忘れることは出来ないけど、この寂しさは紛らすことが出来たら良いなぁ・・と思います。
我が家もね。
ありがとうv-290
oracion |  2010.10.08(金) 10:51 | URL |  【編集】

こんばんは。
少し元気になられたみたいですね(^^)

供養は残された家族のためって同感です。
私も法要のたびに気持ちが軽くなり、初盆のお墓参りは「あの子を迎えにいく」気持ちでした。

私も里子ではないですが、野良猫ちゃんを向かえようと奮闘しています。
私は、子猫より大人猫がいいのです。
だって思い出すうちの子の姿はどれも大人だから。。。

すぐに決めるのは難しいければ、こんなところでふれ合うのもいいかもしれません。
以前私がお世話になったところです。
http://nekonoyoutien.a-thera.jp/article/2394509.html
素敵な出会いがあるといいですね。


bana |  2010.10.09(土) 00:33 | URL |  【編集】

oracionさんこんにちは。
ご無沙汰してしまいスミマセン。
実は8月の下旬の闘病記以来、ずっとブログを見るのが怖くてoracionさんのブログを開けずにいました。
あんこちゃん闘っているのかな…という気持ちと、もしかしたら…という思いと。
あんこちゃん、最後までoracionさんのお傍で頑張ることが出来たんですね。
愛猫が病気になってしまった時、しかも老猫だったりするとホント選択がそれで良かったのかどうか、これはきっと一生付きまといます。
でも、私はoracionさんと同じく、今まで賭けのような手術よりも傍で過ごすことを選択してきました(勿論麻酔に耐えられる年齢の時は手術をしてきましたが)。
猫自身も恐い病院で過ごすよりも、慣れたおうちで静かに飼い主と過ごすことが幸せだったと信じています。
きっとあんこちゃんも。
いつか虹の橋で再会する時を、今はのんびり待っていてくれていると思いますよ^^
そのときは、人見知りのあんこちゃんでも、私に抱っこさせてくれるかなぁ…なんて淡い期待を持っております^^
aki |  2010.10.11(月) 09:53 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2010.10.11(月) 21:24 |  |  【編集】

<banaさんへ>

こんにちは。
ご心配おかけしたようですみませんでした。
元気100%復活!とまではいきませんが、なんとかいつもの日々の生活に戻りつつあります。
でも、ことあるごとにあんこがもういないことを思い知らされてうるうるしちゃうんですけどね。
もうじき寒くなってこたつを出す季節になったら、こたつ大好きのあんこを思い出してまた号泣しちゃかなぁ・・・・・・。

banaさんの奮闘記、読ませて頂きました。
野良猫ちゃんは警戒心が強いので慣れるのが大変だと聞きますが、少しずつでもお近づきになれて良かったですね。
く~ちゃんとおー助クン、木枯らしが吹き始めるまでにbanaさんちの子になれるように祈ってます!

ねこの幼稚園のこと・・・実は、あんこを火葬してくださった霊園にチラシが置いてあったので知ってるんですぅ♪
子猫は可愛いんですけど、私もbanaさん同様思いだすのは大人の姿のあんこばかりで・・・・。
私もできれば大人猫ちゃんの里親希望なので、どこかでご縁があるといいですね。
お気づかいありがとうございました。


oracion |  2010.10.12(火) 11:10 | URL |  【編集】

<akiさんへ>

こんにちは、お久しぶりです。
わざわざコメントありがとうございます。
akiさんにも辛い思い出を思い出させてしまったかなぁ・・・ゴメンね。

あんこは住み慣れた自宅で天国に旅立ちました。
しかも窮屈な自分のベッドのなかで。
消毒薬の臭いのする病院のベッドではなかったのは
幸いだったかもしれませんね・・。
あんこと虹の橋で再会する時に私たちの判断はどうだったのか聞いてみたいね。
ぽっちゃり系だったあんこが見る影ないくらいにやせ細ってしまって
まるで別猫でしたが、akiさんに抱っこしてもらう時はきっと
元のぽっちゃり系に戻ってるかな?
5kg・・・覚悟しててください(笑)。

お気づかいありがとね。


oracion |  2010.10.12(火) 11:40 | URL |  【編集】

亀レスですみません。

今年は記録的な暑さが尾を引き、涼しくなったとはいえ、気温もまだ高めだとか。
お元気でお過ごしでいらっしゃいますか。

良心的なところがあってよかったですね。
何よりです。

あんこちゃんの縁引きで、また新しい出会いがあるといいですね。
お祈りしています。

朝晩と日中の気温差が激しくなっていますので風邪などひかれませんように。
こころ |  2010.10.18(月) 20:15 | URL |  【編集】

<こころちゃんへ>

いつもありがとう。
とても見晴らしのいい霊園なんだよ。
山の上なので、真冬のお参りは我が家の車では無理だと思うけどね(^^;)
一昨日、無事納骨してきました。
肩の荷が下りて軽くなったような気もするけど、一抹の寂しさも・・・・・・。
新しい縁があるといいね。

こころちゃんも体大事にね!
oracion |  2010.10.19(火) 10:26 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://punnosuke.blog99.fc2.com/tb.php/231-53f0605d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |