12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

猫の気持ち

2010.11.24 (Wed)

先日、ねこ友さんにご指摘いただきましたそれぞれの首輪です。
オシアン
この後ろ姿は・・・オシアンです。
水色で遠目にもハッキリ!・・・のはずなのですが、
もふもふの毛に埋もれてしまいました。




ホビット
こちらはホビット。
紺色で控えめの色。
夫希望で2匹ともネーム入り。
いまだに名前を間違えてますからね~(笑)


施設で使ってたオシアンの首輪は大事に取ってあります。
可愛がっていただいた証しですから。
迷子札はオーダーメイド(連絡先入りですからね)なので
もうしばらく時間がかかりそうです。
この2匹・・・玄関が開くとわらわらと連れだって見に行ってしまうので、
用心しないと脱走されそうで、急いで迷子札を発注しました。
届く前に脱走しないでくれよ~!!







さて、題名の「ねこの気持ち」ですが・・・・
いや、猫雑誌のお話ではありません(笑)
2匹と一緒に生活するようになっていろいろ考えさせられました。
というか、勉強になったいうか。





ちゃんとこちらに書き込んだことはないのですが、
実はオシアンの無駄鳴きに夫婦共々疲れ果てたことがありましてね。
(今でも少しは鳴いてますけど)
ホビットは大人しい子で、鳴くのはお腹が空いたご飯前と甘える時。
じゃれてる時や遊んでる時も少しは鳴きますかね。小さい声で。
しっかし、オシアンは一日中家のあちこちであぉ~んあぉ~ん鳴くんです。
撫でても怒っても鳴きやまなくて・・・。
動物なんだから鳴くのは当たり前なんですけどね。
さすがに深夜や朝は、我が家は集合住宅なのでご近所さんに申し訳なくて。
何度か施設にお返ししようかと考えましたよ。正直いって。
どうして良いのか、オシアンに何をしてあげればいいのか分からなくて。
一緒に泣いたこともあります。
あんこと全然違うオシアンに戸惑って、疲れ果てました。



でね、いろいろネットで検索してみたんです。
『しつけ』とか『無駄鳴き』とか探してみて。
いろんな記事を読んで行き着いたのが「ねこの気持ち」というわけです。
繰り返しますが、雑誌ではありません(笑)
オシアンの気持ちを考えてみよ~って。


コメントにも書いたことがありますが、ホビットは上手に私に甘えてきて、
今も私のすぐ傍で寝ています。
ですが、オシアンは自分から甘えにくることが出来ないようで、
甘えているホビットをいつも少し離れたところから横目で見てます。
私の方から近寄るとお腹を見せたり、ゴロゴロ喉を鳴らしたり、
クネクネして甘えるそぶりを見せるのにですよ。
ほんとはホビットのように甘えたいんでしょうね。
ホビットにいつも先を越されているというか。
不器用なオシアンなようです。

無駄鳴きの原因は、推測ではありますが・・・
繊細なオシアンは落ち着かないことがあったり
不安なことがあると鳴いているのではないかと思うのです。
いつも夫が帰宅したり、出勤準備してる時ですし、
実家から戻った時などなど・・・
夫が忙しなく何かやってる時や外から何かを持ち帰った時。
『いつもと違う』ことをやると鳴き始めるようで。

そういう時はどちらかが撫でながら「大丈夫だよ~」って声かけることで
無駄鳴きの回数は減ってきました。
私たちは家族になってまだ一カ月ですもん。
我が家に慣れ、私たちに慣れ、信頼してくれるようになるには時間も必要。
すぐにはあんこと暮らしてたようにいくはずないですよね。
試行錯誤の最中ではありますが、あとで笑い話になるような家族になりたいものです。


何でこんなことを書いたのかと言いますと、
ねこ友さんの知り合いの方のブログなどで、最近立て続けに里子に出た子たちが
施設や保護主さんに返された話を読みました。
返された子達は不安がいっぱいだろうな~って思いました。
人間たちの勝手な理由で右から左、左から右にやり取りされて・・・・。
私も一歩間違えばその身勝手な人間の仲間入りしてたかもって。
動物と付き合うには根気も必要ですね。
たかだか一カ月の付き合いで、この子たちのことを知りつくすのは無理。
先代猫のあんこと16年付き合ってもまだわからないことが多かったんですもん。
のんびり構えてこの子たちと付き合っていこうと思います。


テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

12:04  |  ねこ  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

コメント

こんばんは、oracionさん。

すごい決意で2匹と家族になる決心をされましたね。
2匹だと猫同士でなんとかやってくれるんじゃないかって私は思ってたけど違うんですね。
二匹とも甘えたいんだ。

オシアンちゃん、いじらしいですね。
焼きもちを焼くわけでもなく、ジッとボビットちゃんが撫でられているのを見ていたなんて。
少しの間、お父さんの膝はオシアンちゃん専用とかにしてあげるのもいいかもしれませんね。
1週間、特別扱いしただけでオドオドおー助は変身しましたから。
がんばって、oracionさん。
でも二匹はとても幸せですね!
bana |  2010.11.25(木) 20:16 | URL |  【編集】

<banaさんへ>

こんにちは、banaさん。
私も2匹一緒だと1匹よりは楽かな~って思っていたんですけど、
大変さは2倍かもしれませんね。
それともオシアンが手がかかるだけなのかな?
もしかしたら焼きもちも焼いてるかもしれません。
時々ホビットの首に噛みついてますから。
体の大きなオシアンはジャイアンで、いじめられっこの
ホビットがのび太に見えて・・・。
私も、大人しくて自分から甘えてくるホビットの方を
可愛がり過ぎたかな~って反省してます。
今は意識して2匹を平等に撫でたり、声かけしたりして。
動物も人間の子供みたいに親をよく見てますね~(^^;)
うちに来た時から夫の膝はオシアン専用ですよ~!←私が重みに耐えられないので(笑)

あんこを拾った時はそこまで覚悟してた訳ではなく、
何となく16年経ってしまった感じでしたが、
2匹は私たちが望んで家族になった子たちなので責任がありますよね。
お互いが心地いい存在になれるようにがんばりま~すv-290

oracion |  2010.11.26(金) 10:06 | URL |  【編集】

遅ればせながら、コメントさせていただきます。
オシアン、そんなに鳴いてたんですね。。。
本当に、すごい、声、大きいですものね。。。
不安とか、自分でもどうしていいのかわからなかったのでしょうか?
そんな状況に向き合って、対処してくださって、本当にありがとうございます。
申し訳ない気持ちと、感謝の気持ちと、なんと言っていいかわからない気持ちでいっぱいです。
こういった問題で出戻ってしまうと、もう2度と彼を里親さんに紹介することはできないです。
ご夫妻の深い愛情に、心から感謝申し上げます。
KK |  2010.11.29(月) 19:28 | URL |  【編集】

<KKさんへ>

こんにちは。
そうなんです、すごい大きな声で鳴くんですぅ。
犬よりも猫は少ないと聞きますが、まだ排泄のそそうはしませんが、
もしかしたら分離不安症の一歩手前なのかなぁ?とも思います。
夫が出掛ける準備をしてたり、帰宅直後だったり、私がお風呂に入ったり、
寝室のドアを閉めて寝てしまったり・・・などなど、
私や夫の姿が見えない(見えなくなる可能性がある)と鳴き始めてしまい
止まらなくなるように思うので。
施設に長くいた子や突然の環境変化、家族との突然の別れが
分離不安症のリスクファクターになり得るという記事を読んだことがありまして、
家族同然だったスタッフの方々との別れも原因のひとつなのかな?と思います。
人間にとっては『問題行動』ではありますが、オシアンには精いっぱいの
感情表現なんでしょうね。
そんな不安げなオシアンを心配そうに傍に寄り添うホビットも健気です。

分離不安症のことはかかりつけの獣医さんに相談してみようと思います。
オシアンの気持ちが落ち着いてくれるといいですね。
私も夫も2匹が可愛くてしょうがないので、そんな理由でお返しだけはしたくないです。

oracion |  2010.11.30(火) 11:32 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://punnosuke.blog99.fc2.com/tb.php/241-b66f4e69

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |