09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

早く来い秋・・・

2016.09.05 (Mon)

いつも一緒
(左:ホビット  右:オシアン)
大阪は今年一番暑い八月だったそうです。
猛暑日(35℃以上)が一か月で23日・・・いや、34.6℃とか猛暑日まであと一歩の日もありましたから、25,6日は猛暑でしたよ。
なのでエアコンは欠かすことが出来ず、我が家のにゃんころ達は寒さをしのぐために棚の裏や押入れの天袋に度々避難。
そこで暑くなると冷えた部屋に戻ってくるの繰り返しでした。
先週頭、台風の影響で一度涼しくなった日がありまして、その日の一枚です。
・・・その翌日くらいからまた暑さ復活してるので、この仲良し風景が見られるのもまだ先になりそうですが。
今日も暑くなりそうだ。




テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

10:04  |  ねこ  |  Comment(2)

癒しの時間

2016.06.24 (Fri)

病院通いで疲れて横になっていると、脇の下にちょこんと収まりスヤスヤ・・・
(右:ホビット、左:オシアン)

忙しくてあまり相手できませんでしたが、姉も無事に退院し、田舎へと帰っていきました。
しんどい時、この子たちの寝顔に何度助けられたことか。
ふふ、いつもそばにいてくれてありがとね。



テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

09:01  |  ねこ  |  Comment(2)

すてきにハンドメイド:4月のパターン ヘキサゴン

2016.06.14 (Tue)

宮崎先生のマンスリーキルトに手を付けたものの、大きいサイズのタペは
完成まで時間がかかるので、小さいタペにしようと縮小して製図してますが、
なかなかやることが多くて手を付けられず今に至る・・・。

そんな中、すてきにハンドメイドではこうの先生の企画へと移り、私の気分も
こうの先生の企画へ。
とはいえ、すでにテキストでは6月のパターンが出てるというのに、
やっと4月のパターン完成!・・・またヘキサゴンだし(苦笑)。
マンスリーキルト:こうの先生編
あ・・生地は昔のだし、ベース生地はキルトゲイトだす(^^;)
だって今回のこうの先生の生地、シックで大人っぽいのです。
こうの先生のファンは多いので、きっと同じ生地で作っておられる方もたくさんいらっしゃるでしょう。
『人と同じはイヤ』という、あまのじゃくな性格の私は雰囲気だけこうの先生『風』(笑)
このキルトゲイトの生地が好きで大事に取っておいたのですが、やっと出番です♪
色違いでベージュもまだ持ってるんですわ(^^)
ん?ちょっと歪んでる?

テーマ : パッチワーク - ジャンル : 趣味・実用

12:02  |  パッチワーク:タペストリー  |  Comment(2)

ミニソーイングケース

2016.06.06 (Mon)

姉の手術中、家族待機してる間に携帯用ミニソーイングケース作ってました。
他の方はこういう時どうしてるんでしょうか??
7時間もの間、ホントに暇です。
かと言って、手術が気になって本を開いても頭に入ってこないのは想像できましたし。
時間をつぶすには、な~ンにも考えずに手だけ動かせば良いパッチにしようと考えました。
デザインや大きさを考える余裕は無かったので、本そのまま作ってあります。

縦 10cm×横 13cmの小さなソーイングケース!
きゃっ可愛い~
ミニ携帯用ソーイングケース
いつものようにキルトライン消してませんけど('◇')ゞ

中はこんな感じ。
これからピンクッションに綿つめま~す♪
ミニ携帯用ソーイングケース

こうの早苗さんの著書:かわいくて使える大人のバッグ&ポーチ
の中の表紙に載ってる作品です。くくっ大好きなヘキサゴン☆


手術は7時間でしたが・・・さすがにずっとチクチクする体力はなく、途中(4時間半)で兄が交代してくれたので帰宅しました。
こっちの体力なさすぎかな?







テーマ : パッチワーク - ジャンル : 趣味・実用

11:50  |  パッチワーク:小物類  |  Comment(1)

半年ぶりっ☆

2016.06.06 (Mon)

半年ぶりに復活!
・・・この半年、いろいろありました・・・。
去年11月の記事のあと、実母の喪中はがきを出したのですが、そのすぐ後に姑まで亡くしまして・・。
実母が亡くなった時は、私は末っ子なので特に何もせず。
母が亡くなった悲しみだけに暮れていました。
ですが、姑の時は別!!
喪主は舅だったものの、高齢でもあり、急なことでもあったので舅はオロオロするばかり。
結局、夫と私で何もかも決める羽目になり、悲しみに暮れる暇もなくてんてこ舞いでした。
やっと落ち着いたのは49日が終わってから。
夫の実家で49日法要を済ませ、自宅に帰ってきてから寂しさがこみ上げてきました。
姑は、ハッキリ物は言うけれど表裏のない人で、私が流産した時も一緒に泣いてくれましてね・・・。
「二人が仲がいいのが一番!体を大事にしなさい。」
と、いつも言ってくれてました。
認知症になり、私のことは真っ先に忘れても、それでも良い記憶しか残っていません。
一年間で夫婦双方の母親を亡くすなんて、なんていう年なんでしょうね。

そしてその二ヶ月後、姉がガンになり、大阪の大学病院で手術するために田舎から出てきました。
田舎の病院はどこも、筋ジスを理由に手術断られましてね。
都会の大きな病院の方が本人のためだ。とか言われ、私たち家族が住んでいる大阪へ紹介状を書いてもらいました。
姉は全介助が必要なので、手術しないで死んでもいいな~んて言ってたのを皆で説得して大阪へ呼びました。
お陰様で無事、手術は終わり、ただいまリハビリ中。
もうすぐ田舎へ帰ります。
田舎から大阪へ来るのも大変でしたが、帰りも大変。
同行してくださるヘルパーさん次第で日程が決まるんですよね~。
さて、帰郷はいつになることやら・・。
5年間はまだ安心は出来ませんが、とりあえずは元気になって良かった、良かった。



テーマ : つぶやき。独り言・・。 - ジャンル : 結婚・家庭生活

11:48  |  つぶやき  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。